アナログおじさん

先日「写ルンです」っていうインスタントカメラが楽しいよと教えてもらったので、この21世紀の現代で最新のデジタルカメラ保有している身ではありますが、自身が高校生の時に買ったのが記憶の最後に残っている「写ルンです」を購入して先日の東京駅フォトウォークの時に写真を撮ったんですよ。

フイルムがまだ残っていたので残りは競馬場で撮ったんですが、フイルム残数の小窓を覗くとまだ4枚くらい撮れたはずだったのに1枚撮ったらフイルムが終わってしまった。

まぁそれは良い。

いつも写真を現像してもらっている写真屋に無茶振りでネガいらないからデータ化してよとお願いしてプリントしてもらいついでにデータ化もしてもらえたのはよかったのだけど、その撮れ高がひどかったw

https://twitter.com/kyu7_com/status/1051676018635730944

TwitterにUPしたので見てもらえばわかると思うけど、ねんどろいどにピントが全然合って無くてガッカリ・・・

子供の頃さんざん使った写ルンですは今では高度なテクニックが必要なカメラになっており、この文明が発達した世の中でネットを使って調べることもしなかったので、手探りで撮った写真なんだからそりゃピントもボケるってわけさ。

デジタルカメラを使う時はネットを駆使して調べるのになんでアナログなカメラはそれをしなかったのか非常に面白いなと思った次第であります。

眠くて何書いてるかわからんちん