日々思うこと

ノースリーブカプリチオ

僕が余計な事を言ってしまった為に、電車に飛び乗ったあの娘と合流した山手線

透き通る肩から伸びる腕に心奪われる41歳の夏

諦めて予定変更して再開発途上の街で買い物をしてから向かった先で乗った変なタクシーで僕は荷物扱いw運転手のジイさんはノースリーブのあの娘にテンションマックスで鬱陶しい。良いからちゃんと座席作れや!インドネシアで乗ったタクシーより酷かったぞ!

一分の望みを賭けて並んだ列、あの娘の手前で終了とか持ってるんだか持ってないだか僕内心爆笑してたけど、列に並ぶその前に

「買えるかどうか解らないと言われたときは絶対に買えるから平気だよ(ドヤ」

ってドヤ顔で言ってたんだから何とかして買わせろや!俺が格好つかないじゃねぇかよ!!!

だけどがっかりしたノースリーブから出る肩が眩しいから僕ラッキー!

とにかく眼福な一日を過ごせて自分は幸せなんじゃないかと思いながら午前三時を迎えるときには多分爆睡してるんだろうね(最後は投げやりw

くそー今思い出したけどラーメン食べなかった・・・

そんな事を考えながら今夜も夜が明ける

ABOUT ME
キュウ
キュウ
俺の叫びは自由への叫び 俺の叫びは皆への愛の叫び 40代男の魂の叫びを綴っています アイコンは黒髪ポニテの美少女だけど(何